CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
PR
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
不思議な事や日常生活を気まぐれに。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    生き霊?
    0
      前の記事の後輩ちゃん。
      去年はかなり金縛りにあってたみたいです。
      そしてパートさんの中でも霊的なパワーがあるとみんなが思ってるSさんというひとがいます。
      おじさん見たのは違う人です(笑)
      そんな二人の絡み。
      ハチもしゃしゃりでます(爆)

      後輩が夜中の2時にふいに目が覚めると、金縛りにあいました。
      うわ!やばい!
      と焦っていると、腕をぐいぐい引っ張られ始めたそうです。
      何とか体が自由になって、「Sさんに電話しなきゃ!」と思ったけど真夜中ですので迷惑だし布団にくるまって寝たそうです。
      それを次の日後輩に聞いたハチはすぐさまSさんに報告(笑)
      なぜお前がw
      Sさんは「どれ叩いてやる!」と後輩の背中をものすごい音をたてて叩きました。
      ハチは怖かったので見てるだけw

      そして次の日、Sさんがハチに「昨日、後輩ちゃんからもらったみたいでさぁ」と逆報告。
      夜中に金縛りで目が覚めたかと思うと、女が耳元でぶつぶつ話始めたという。
      その内容が「後輩と彼氏を別れさせるよう言って」「もっといい人がいる」という内容(;´д`)
      えええええ。
      ハチが驚愕してるのをよそにSさんは
      「こっちは眠いし、腹立ったから あっちいけ!って怒鳴ったんだよね」
      ええええええええ。
      「そしたら壁側に行って泣いてたわぁw」

      いやいや、
      笑うとこ!?(笑)
      Sさんはそのまま寝たという。
      慣れてらっしゃるw
      Sさん的に「生き霊じゃないの〜?誰かわかんないけど」な軽い返答。
      後輩はそれを聞いてハチと同じ反応でしたw

      後輩はその後も何度か金縛りにあったみたいですが、今もその彼氏と付き合ってます。
      正体は不明なままなのでした(((^_^;)
      | りある | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      おじさん
      0

        去年の夏頃。
        休みの日に職場から仕事内容のことで電話がかかってきて、後輩と話してると、後輩が「え!?」なんて叫んだ。

        「どうしたの?」
        「ハチさ〜ん(;o;)」
        「なになに」
        「いま私の隣におじさんがいるらしいです(;o;)」

        ・・・What ?

        「それは・・・お客さん?」
        「違います〜いないんですけど、○○さんがおじさん立ってるって〜(;o;)」

        どうやらあちらの方が立っていた模様(笑)
        昼間なので・・・全く怖くありませんでした☆←

        こういうことが結構あります。
        | りある | 23:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        体外離脱をやってみよう
        0
           
          一昨年くらいに、体外離脱にはまっていた時期がありました。
          もちろん成功したことはありませんが(笑)
          体の感覚がなくなって、耳鳴り、そして振動 とまではあります。
          そこからが全く出来ません。
          ただ一度首をしめられているような感覚があってそっから怖くなったびびりです←
          また時間があったら挑戦してみようかなぁと思ってます。

          そういえば友人で、体外離脱みたいなことになったのではないか、と私は思っている話があるんです。
          高校生の頃に、「昨日こんな夢見てさぁ」と話されました。

          寝ていると金縛りに遭って、気が付くと自分が寝ている姿が見えたそうです。
          そして浮いている自分と寝ている自分の間は、銀色のロープのようなものが伸びていたらしく、ちぎろうとしたけれどちぎれなかったらしい。
          なんだか楽しくなったので、そのまま家の屋根をすりぬけて、高校に向かいました。
          すると、高校の窓に、見知らぬ少女が立っていてこちらに手を振っていたらしいです。
          急に恐怖を覚えて家に戻ろうとしたところで、ハッと目が覚めて自分の体に戻っていたという。

          夢にしては色々とリアルすぎた、とも話していました。
          これは夢でしょうか?
          それとも体外離脱?

          というか、銀色のをちぎろうとしたらだめだろう、という話(笑)


          | りある | 19:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          地球征服?
          0
            JUGEMテーマ:つぶやき。

            あけましておめでとうございます。
            久々の更新です。


            一昨日に見た夢。
            実家の窓から、竜巻が何個も発生しているのが見えて家に、ドン と音を立てたりしている。
            ふと竜巻があまりにも近いので上を見上げると、円版がいくつも浮いていて、どうやら竜巻を起こしているのはその円盤たちらしかった。
            やつらは街の真ん中にどでかいワインボトルをふたつ置いてひっくり返した。
            中からワイン色の液体が流れて、道路を濡らしていく。
            それが乾くと、つるつる滑って車も人も、町から一歩も出られなくなっていた。
            そして白い雪のようなものを降らせると、それを肌に直接あびた人たちは灰のようにさらさらといなくなってしまう。
            わたしはフードを深くかぶって、それから逃れながら走っていた。

            まったくオチもなく目が覚めました。
            夢占いによると、竜巻はトラブルの発生が近い事。
            円盤は、新しい環境の変化、またはそれに対しての憧れらしいです。
            前途多難な年になりそうな予感(笑
             
            | ゆめ | 19:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            誰ですか。
            0
               
              職場では昔からいらっしゃるらしく笑
              紳士服の辺りで誰かが通ったとか、「すみませーん」と声をかけられたけど誰もいなかった、など、まあどこでもありそうかな?ということが日常で起きるレベルです。
              私は霊感のない人間だと思ってますが、何かが通った気配や声も聞こえたことはあります。

              それで、うちの両替機は、店内からスウィングドアを通ってすぐの裏通路に設置されてるんです。
              よく「関係者以外立ち入り禁止!」みたいな張り紙がしてあるドアのすぐ向こうと考えてください。
              入って三メートルくらいの右の壁に両替機があって、両替をする人は、右半身をスウィングドアにむけてる状態です。
              視界にドアがちらちら入るくらいの距離。

              先月。
              夕方の両替に行く度に、誰かがスウィングドアを通って、私の後ろを通るんです。
              気付くとすぐ後ろを、フッと通ってるんです。
              ドアから入った、と感じるんですけど、目が追いつくまえに、私の後ろを去って行くんです。
              だからといって左側を見ても誰の姿もない。
              両替を待っているのかと後ろを見ても誰もいない。

              最初は気のせい〜なんて思ってたんですけど、五回も六回もあって。
              よく両替に行く人にきくと「うん、みんな言ってる」とさらっと言われ、すごい鳥肌が出ました爆


              そして先月末。
              夜に事務所で数人と売上金の整理をしていました。
              私が椅子に座りパソコン操作。
              そのすぐ後ろに金庫室があり、そのときは電気もつけっぱ、ドアもあけっぱ。
              みんなでわいわい話していると、パートのおばさんが「うわっ!」と小さく叫びました。

              私「どうしたんですか?」
              パ「今ね…見ちゃった」

              わたしの後ろを通って白い小さい影が金庫室に入ったところを。

              …ぎゃーーーー!でした。
              ただ、なーんも感じませんでしたが笑
              悪さをするひとではなかったようです。


              しかしいったい、誰なんでしょうか。

              | りある | 13:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              金縛り?
              0
                 
                今朝の夢。
                というか夢だとは思うけど、重みとか苦しさがリアルでした。

                私は昔の実家(高校生の時に新築になった)の自分の部屋で寝ていて、うつぶせでした。
                すると見えない何かが背中をマッサージしてくれるのです。
                最初は全然怖くなくて「あーそこそこ」なんてぼんやり思っていたら、肩から背中にかけて、だんだんと重くなってきたのです。
                「うっ」と息が苦しくなってきて、身体も動かなくなってきて、これはやばい、とさすがに感じ。
                ミカエル(天使)に助けを求めるんです笑
                すると少しからだが動いたので、両手で合掌して、今度は自分の守護霊に「助けてください!」とお願いをしました。
                そうしたら、両手から白く淡い光が零れて、私の周りを繭のように包み始めたんです。
                それが、なんというかただの夢にしては、あまりにもきれいすぎて。
                助かった…というところでその夢は気付けば終わってました。

                一回目を覚ましたのか、そのまま違う夢を見続けたのか、全然覚えてませんが。
                なんだか不思議な気持ちになる夢でした。




                | ゆめ | 13:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                守るもの
                0
                  一昨年の11月に見た夢 この時期は、アセンションとかマヤの予言の話題が多かったので、意識が向いていたということもありました。 場所はパレンケ遺跡っぽい場所。 ピラミッド型の、灰色の石で作られた建物が建っている。 周りには調査をしている外国人が数名。 現代人ではないようで、18〜19世紀のひとたちのイメージ。 わたしもそのひとり。または第三者からの視点。 てっぺんに大切なものがあって、全員で遺跡を登りそこへむかう。 けれど、途中で空が雲で覆われ、薄紫や灰や気味の悪い雰囲気に。 すると大きなひとつの目が雲の間からこっちを見下ろしていて、わたしたちの行動を見ている。 目がまばたきをする度に、建物が一階ずつ消えていき、調査している者たちは倒れていく。 秘密を探るものへの罰=命 という感じでした。 あの目が、なんだか全部見透かしているようでこわかったです。
                  | ゆめ | 14:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  洗礼…?(笑
                  0
                     
                    私の地元は、なんというか霊が集まりやすいらしく、色々なところで目撃証言があります。

                    二年前に社宅でひとり暮らしを始めたのですが、その地域も結構話を聞く場所でして。
                    まあ、私は見えないので大丈夫か、と恐怖をひっそり持ちながら(笑)待望の一人暮らしをはじめました。

                    当時、私の隣に先輩が住んでいたので、歓迎会を含め三人で飲んでたんですが、突然私の携帯がなりだし、びっくーとなりました。
                    メールや電話ではなかったんです。
                    音楽プレイが勝手に始まったんです(笑
                    ここ数日、音楽なんて携帯で聞いてなかった上に、直前二時間は携帯に触れても居なかったのに、そんなことが起きたものだから、チキンの私はびくびくでした。

                    つい最近まで社宅の屋根を走り回る音だとか、子供が「きゃっきゃっ」と遊ぶ声が聞こえていたとか。
                    その一年後に入った後輩は違う棟に住んでいたのですが、隣にいる彼氏の携帯番号で電話がかかってきて、とるとお経が流れ始めるという恐怖を味わっていたそうです。

                    お経じゃなくてよかったと、改めて感じる今日このごろ。
                    あの音楽プレイは「いらっしゃ〜い」的なものだと思う事にしました。
                    | りある | 14:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    前世について
                    0
                       小学生くらいから前世に興味がありました。
                      まあ、「セーラームーン」とか、「ぼくの地球を守って」の影響もあったと思います。
                      記憶が曖昧なんであれですけど、小学生か中学入りたての時に、雑誌で前世診断してくれるページがあったんですよね。
                      料金は切手でしはらうっていうやつ。
                      現金だといろいろめんどくさそうだけど、切手なら…というノリで応募しました。
                      残念ながら今はその紙捨ててしまったんですけど、大まかに覚えてます。

                      私の前世は宗教家か数学者で、勉学に没頭するあまり家族や友人をかえりみなかった人物。
                      それは現世にも影響していて、なかなか家族とうまくいかない だとか。
                      けっこう当たってるんです。
                      守護霊はそんなに強いわけではないけれど、しっかり守ってくれているようです。
                      たしかにそれはひしひしと感じますよ。

                      特に前世に至っては、かなり有力ではないでしょうか。
                      数学者はどうかわからないですけど、宗教というか、神や天使などに昔から興味がありました。
                      日本よりも、西洋寄りの文化に惹かれてて、アートもすごい良いと思います。

                      「ワイス博士の前世療法」の本を読んで、CDでも実践してるんですが、想像力がないのか(笑)まだ成功したことはないです。
                      もっと鮮明にわかればいいのになーと思ってます。
                      今の所、実際にセラピーを受ける予定はないですが、機会があれば挑戦したいなと考えてます。

                      自分でタロットによるリーディングをしたんですが、「前世の探究心が失われている」と辛口のお告げをいたたぎ、肩身がせまい現状…(笑


                      | りある | 13:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      黒い影
                      0
                         母が小学生の頃に体験した話。
                        いま住んでいるところとは違うけれど、やはり田舎に住んでいた母。
                        雪がどっさりと積もっていた季節に、同級生達と墓地の近くで遊んで居たらしい。
                        すると、一人の男子が「あれ、なんだ?」と山の方向(つまり墓地の方向)を指差した。
                        全員が視線を向けると、全身真っ黒い何かが、すー っと、雪の上を歩いてたという。
                        歩いていたといっても、かなりの積雪量。
                        母たちでさえ、歩けばずぶずぶと埋まるほどの足場なのに、その黒いものは「歩く」という動作とは程遠いスムーズさで、雪の上を移動している。
                        黒い何かは、人の形をしており、真っ黒いフード(外国で言えばローブ)をはおっているような感じで、山から降りて、母たちの町の方へ移動している。
                        あまりの状況に母たちは怖くなって、転がるように自分たちの家に逃げ帰った。

                        そして次の日、母の町に住むおじいさんが亡くなったという話を聞いて、そういえば、あの黒いものが向かっていた方向は、そのおじいさんの家の方向だったと気付いた。
                        それ以来、黒いものは見ていないらしいけど。
                        死神のようなものだったんでしょうか?

                        | りある | 13:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |