CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
PR
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
不思議な事や日常生活を気まぐれに。
<< 人魂が家の上に | main | 前世について >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    黒い影
    0
       母が小学生の頃に体験した話。
      いま住んでいるところとは違うけれど、やはり田舎に住んでいた母。
      雪がどっさりと積もっていた季節に、同級生達と墓地の近くで遊んで居たらしい。
      すると、一人の男子が「あれ、なんだ?」と山の方向(つまり墓地の方向)を指差した。
      全員が視線を向けると、全身真っ黒い何かが、すー っと、雪の上を歩いてたという。
      歩いていたといっても、かなりの積雪量。
      母たちでさえ、歩けばずぶずぶと埋まるほどの足場なのに、その黒いものは「歩く」という動作とは程遠いスムーズさで、雪の上を移動している。
      黒い何かは、人の形をしており、真っ黒いフード(外国で言えばローブ)をはおっているような感じで、山から降りて、母たちの町の方へ移動している。
      あまりの状況に母たちは怖くなって、転がるように自分たちの家に逃げ帰った。

      そして次の日、母の町に住むおじいさんが亡くなったという話を聞いて、そういえば、あの黒いものが向かっていた方向は、そのおじいさんの家の方向だったと気付いた。
      それ以来、黒いものは見ていないらしいけど。
      死神のようなものだったんでしょうか?

      | りある | 13:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 13:21 | - | - | - | - |









        http://raindrop58.jugem.jp/trackback/13