CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
PR
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
不思議な事や日常生活を気まぐれに。
<< 洗礼…?(笑 | main | 金縛り? >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    守るもの
    0
      一昨年の11月に見た夢 この時期は、アセンションとかマヤの予言の話題が多かったので、意識が向いていたということもありました。 場所はパレンケ遺跡っぽい場所。 ピラミッド型の、灰色の石で作られた建物が建っている。 周りには調査をしている外国人が数名。 現代人ではないようで、18〜19世紀のひとたちのイメージ。 わたしもそのひとり。または第三者からの視点。 てっぺんに大切なものがあって、全員で遺跡を登りそこへむかう。 けれど、途中で空が雲で覆われ、薄紫や灰や気味の悪い雰囲気に。 すると大きなひとつの目が雲の間からこっちを見下ろしていて、わたしたちの行動を見ている。 目がまばたきをする度に、建物が一階ずつ消えていき、調査している者たちは倒れていく。 秘密を探るものへの罰=命 という感じでした。 あの目が、なんだか全部見透かしているようでこわかったです。
      | ゆめ | 14:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 14:11 | - | - | - | - |









        http://raindrop58.jugem.jp/trackback/15