CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
PR
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
不思議な事や日常生活を気まぐれに。
<< 守るもの | main | 誰ですか。 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    金縛り?
    0
       
      今朝の夢。
      というか夢だとは思うけど、重みとか苦しさがリアルでした。

      私は昔の実家(高校生の時に新築になった)の自分の部屋で寝ていて、うつぶせでした。
      すると見えない何かが背中をマッサージしてくれるのです。
      最初は全然怖くなくて「あーそこそこ」なんてぼんやり思っていたら、肩から背中にかけて、だんだんと重くなってきたのです。
      「うっ」と息が苦しくなってきて、身体も動かなくなってきて、これはやばい、とさすがに感じ。
      ミカエル(天使)に助けを求めるんです笑
      すると少しからだが動いたので、両手で合掌して、今度は自分の守護霊に「助けてください!」とお願いをしました。
      そうしたら、両手から白く淡い光が零れて、私の周りを繭のように包み始めたんです。
      それが、なんというかただの夢にしては、あまりにもきれいすぎて。
      助かった…というところでその夢は気付けば終わってました。

      一回目を覚ましたのか、そのまま違う夢を見続けたのか、全然覚えてませんが。
      なんだか不思議な気持ちになる夢でした。




      | ゆめ | 13:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 13:47 | - | - | - | - |









        http://raindrop58.jugem.jp/trackback/17